ストレスフリー療法について

昨日は、遅くまでのミーテングお疲れ様でした!

スタッフミーテングで、成長ホルモンを「GM」と言った

のですが、「GH」の間違いでした。

(あとで、あれ?GMって言った?と自己反省しています。)

 

正式には「hGH」と言います。

参考に、成長ホルモン「GH」を載せておきます。

 

※GH(せいちょうホルモン、英: growth hormone)は、

脳下垂体前葉のGH分泌細胞から分泌されるホルモンである。

ヒト成長ホルモンは特に hGH(英: human GH)と呼ぶ。

 

ストレスフリー療法については、現代社会において

その理論的な面と効果が得られるとなれば、必要不可欠な

療法と言えるでしょう。

 

現代社会では、多くの病気の根源にストレスが関わっている

ことが分かっていますが、電波・スマホ、PC等での目・姿勢・

食生活・夜更かしによる睡眠障害・・・、

数えたら限がありませんね。

 

もうすぐ5Gの電波だらけの社会がやってきます。

イギリスでは、小学生のスマホ使用時間を制限していますが、

日本でもその対策は考えていく必要があるでしょう。

 

患者さんの中には、まだ2,3歳のお子さんにも

スマホを与えて遊ばせている方が少なくありません。

 

もしかしたら、妊娠時からその電波障害が何らかの影響を

母体と胎児に与えてるかも、ということも全くのゼロでは

ないかもしれません。

 

ご自分の、身の回りにあるストレスを点検し、

そのストレスから逃げる時間も考えてはいかがでしょうか。

 

 

コメントをする





カテゴリー

ページトップ